遊藍の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-01-19

[]サマー騎乗 21:00 響・サマー騎乗 - 遊藍の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 響・サマー騎乗 - 遊藍の日記 響・サマー騎乗 - 遊藍の日記 のブックマークコメント

馬場生活最終日

ブー

後輩に障碍をやらせていたわけだが、無茶な踏み切りバランス崩し

落馬してしまってちょっと頭を打ったようなので乗り代わり。

が、いつものようにイヤイヤモードでなくてきっちり馬はやる気になっていた。

ざっと飛んでほめて終了

それはよかったんだが、数回飛越した時点でバランスの問題を見抜き

2point速歩駈歩での横木通過などの練習に切り替えるべきだったかもしれない。

監督に障害やらせるようにいわれたからと言って、障碍やらせてから

そこで見えた課題を克服するトレーニングに切り替えてもよかったわけで

まだまだ指導での判断も甘いなと反省・・・

怪我は大事に至らなくてよかったけれども、今後注意だな。

落馬時にはぎりぎりまで手綱を持っておくとか基本的な対処法

しっかり教えてあるか確認しておかないと・・・

ここ二日三日の効果はあった。

前日と同様、横もほぐしつつ動かしつつやったが

今日は完全に昨日のことを覚えていてくれたので理解が早い。

身体の使い方もいくらかサマになってきた。

ただ、全般的にもっともっと良くはできるはず。

とりあえず、今日は後に後輩を乗せてみて

いつもやっているのよりひとつ上のレベルで運動させて見る。

それなりに効果はあったようで、いくらかはごまかしじゃない

詰め伸ばしなどのイメージをしっかり持てた筈。

それにしても、この馬、厄介なヤツだ。面白いけど

サマー

前日運動した分もあって、なかなか快調

騎乗中の細かい問題点はともかく、騎乗全体における大きな問題は見られず。

だったので、パパッっときっちり運動させて、遊びに来ていた人を引き馬して終了。

今後は、細かい部分の修正と出来る内容レベルの底上げしていければ・・・

2007-01-18

[]サマー騎乗 21:00 響・サマー騎乗 - 遊藍の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 響・サマー騎乗 - 遊藍の日記 響・サマー騎乗 - 遊藍の日記 のブックマークコメント

馬場生活三日目

昨日の柔軟からどれくらい持ってこれたかと思ったが乗り始めは変わらず

昨日の努力無駄かと思われたが、15分程度の準備運動で馬がすぐに理解。

よかった。連日騎乗だとここで差が出るな。

今日は、そこからさらに柔軟性の要求を推し進めて、最終的に常歩

ややディープな姿勢をとらせて元気良く自分から歩いてくるようにする。

そこから、頭をひとつ高めに保持した姿勢で運動させる。

そこそこな出来だが、まだ後肢の動きに硬さが見られるので

間に柔軟運動を入れつつ移行の繰り返しやらで少しずつ浮く感じを作っていく。

この過程で、やっぱり昨日までは背中を使っているようで使っていない

微妙な運動だったんだな〜と気付いた。

でも、これで明日はいくらか楽しみ

サマー

休み明けではってはいたが、一昨日の効果もあり動きとしては上出来

けど、やっぱりまだ馬体が内方に傾きすぎているような・・・。

障碍飛越は馬がだいぶ慣れてきている感はあったが

越後リカバリーは前の方がうまかった気がする。

とはいえ、前といっても、いいときと悪いときはあったので

大して状況が変わっていないだけかもしれない。

悲しいことに馬場も平らじゃないしね・・・

ももう少し飛越後の手前を意識して馬への指示出しをしておかないと

後で後輩を乗せたが、内に切り込まれて苦労していた。

やっぱり、内方に傾いてるところに騎手バランスの傾きが合わさっちゃうのかな?

人にも馬にも教えるのは難しい・・・

2007-01-17

[]ブー騎乗 21:00 響・ブー騎乗 - 遊藍の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 響・ブー騎乗 - 遊藍の日記 響・ブー騎乗 - 遊藍の日記 のブックマークコメント

馬場生活二日目

硬い印象とのことなので、明日もあることを考えてストレッチメインで行う。

左右のストレッチを行いつつ、後躯・背中・クビのラインをほぐし、

特に左右の切り替えでバランスを崩し、頭を上げるのを補正して

手前切り替え時も、落ち着いてガクを譲っておけるようにすることで

トップラインの柔軟性を取り戻させるようにする。

こちらも、しっかり低伸してこないのでガクを譲るまでバランスに修正かけて

ガクを譲ったところで、飛節部に見られるタメに注意しながら大きく動かしていく。

頭を上げてしまったら、一度歩度を落としストレッチからやり直して繰り返す。

駈歩も、長手綱で遠くでコンタクトするところからやり直す。

基本的に大きめの運動で、馬体が自由に大きく使えるように意識。

あとは明日〜

ブー

しばらくお休みだったので元気。

クチはもうどうせだいぶダメになっているのであまりいじらず

軽い柔軟運動と扶助理解の確認を中心に行う。

それから、とにかく元気良く真っ直ぐに動けるようにして

ルースレインでの軽速歩横木通過・駈歩横木通過。

短い横木は一度逃げたがすぐに手綱持ち直してすぐに引き戻し、またがせると後は素直。

というわけでこの子の場合はウェスタン調教風に「失敗させてやり直して教える」方式を取る。

しばらく、この横木通過で確認した後、低障害に入る。

そでのある障害は問題ないものの、そでのない障碍はきる。

特に、右手前で左肩から逃れて走っていくので、きられたところですぐに引き戻し

最短距離で障碍までもどり、そのままGO!

もともとは飛べる馬なので、これで飛べたが、左手前で入ったのですぐに右からやり直す。

と、また逃げようとするので、今度は引き戻してしかってすぐ右手前から入りなおし飛ばせる。

ここで素直になったので、ルースレインでやり直し。

始めはここでまた逃れようとするものの、最後には自分から向かう気持ちが戻ってきたので

ラストメーター障碍をやらせておく。

これも、左肩から逃れるので同様の手順で行い、

ルースレインでのコントロールで自分から障碍に向かっていく気持ちを作り直して終了。

人に実力があれば、もっとスマートに済ませられるんだろうが・・・

でも、これで障碍イヤイヤは軽減されたはず

2007-01-16

[]サマー騎乗 21:00 サマー騎乗 - 遊藍の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - サマー騎乗 - 遊藍の日記 サマー騎乗 - 遊藍の日記 のブックマークコメント

馬場生活復活初日

サマー

後輩も動きの小ささと姿勢が固まっているが気になっていると

言っていたので、大きな動きを取り戻せるようにイメージ

乗ってみたところ、馬が銜を拾いに行く感じが無く、それなりに背は使っているが

肢先だけで動いている感じで、馬体各部に連動性がなく、ちまちましている印象。

クビが左右にも前後にも固まっていて、特定の姿勢でしか運動しない。

一応、脚扶助に対して素直に手前は切り替えるものの

低伸運動と起揚気味の運動との姿勢の使い分けがまったく出来ない。

動きが小さく、形も悪くは無いので流して乗る分には乗りやすいが・・・

というわけで、まずはじっくりストレッチング

自分の感触だと、銜受けイマイチで、姿勢は出来ているが

馬が自分から取ろうとする意思もあまり感じられなかったため、

まずは手綱を長くして大きな輪乗りや手前変換を繰り返しながら、

小さくごく軽い合図で左右のガクの譲りを確認していく。

どちらもきっちり抵抗が抜けておらず、左銜が特にくわえ込みがちだったので

手綱での軽いストレッチングから徐々に馬の理解を求めていく。

後ろからの動きにつながりが出来て左右別々にガクの譲りを得たところで

手綱を緩ませたまま軽速歩で輪乗りに入る。

速歩常歩の交互移行を行いながら時折手前を変えて

ひたすら、自ら銜を拾いに来るまで待つ。

しばらくストレッチを織り交ぜながらの運動を繰り返してようやく

銜を静かに収めて飲み込み、そこそこの低伸運動になった。

ここで初めて軽く手綱を持って、どちらの手前であっても

左右の銜が均等にかかるようにじっくり馴らしていく。

理解したらリリース、もう一度持ち直してもう少し短くと繰り返し

柔軟性といい感触を保ったまま姿勢を切り替えられるようにする。

そして、長手綱で低伸した状態での駈歩で動きを大きくし、それから前を幾分か持って運動。

これでようやく口元に泡を吹くレベルになった。